荒張千五百氏のこと

13.荒張千五百氏のこと
 この度…荒張千五百氏の訃報に接し、私は丁度四年前、四十三年ぶりで「氏」と再会を果たした感激が昨日のように思い出されて万感胸に迫りくるものを抑えきれない…。
 昭和十八年三月、中支の最前線で活躍中の独立野戦重砲兵第十五聯隊の補充要員として召集された私達は同年四月下旬…。中国・湖北省の襄西部当陽県・金沙舗に到着した。私等二十名だけが約六粁南東の「太山廟」地区に在った第二大隊本部の警備地に配置されたのだが、此処の満一年間は私の軍隊教育期間であり、第三期までの検閲は終了したけれど…、その間に「太山廟哨戒隊」では…十数回も迎撃戦や討伐戦に出動している。…私の所属した(大隊段列)第四分隊の班長が荒張千五百軍曹で…十九年五月半ばから、十一月十日に終了した「地獄の湘桂作戦」を含めて…丁度二年間を血腥い湖北、湖南、広西の三省の戦場で、この方と共に難戦、苦戦を切り抜けたのである。トセ部隊は「上海沿岸防備作戦」の軍命を受け…二十年三月より転進したが…火砲関係と自動車等は「全県」より鉄道便にて輸送し、大部分の将兵は徒歩隊を編成し…敵の空襲を躱しながら「湘桂公路」を後退し、先ず第一目標たる「漢口」を目指して行軍した。…トセ部隊は「上海」西部地区に於いて「砲塁構築」途上の八月十五日に終戦を迎えた。我が部隊の十加砲・牽引車等を接収した中国軍「湯恩伯大将」は新規に「第七砲兵団」を結成し…司令にフランス留学帰りのインテリ少壮武官「林日藩少将」を任命した。トセ部隊長「佐々木孟久大佐」が、敗戦処理の武器引渡し事務事項に含まれる技術提携を応諾し、同砲兵団と「協力約定」が成立したので…将校・下士官・兵約50名が、中国軍に移籍され、六ヵ月の軍事教練をすることになった…。わが部隊の復員状況は…この年十二月から第一大隊より開始され、翌二十一年新春に引き継がれ、数次に区切られたが順調であった。第七砲兵団に派遣された者は四月初旬から小人数に区分されて個別に復員し、五月十五日に部隊本部の最終未帰還者と合流して…日本の鹿児島港へ到着したが、全ての復員業務が完了したのは六月五日のことである。
 「荒張千五百」氏は同年三月、陸軍曹長に任ぜられ、勲七等を賜っているのだが、既に日本軍は壊滅していたから、単に薄紙一枚の土産物に過ぎず…「価値もなければ名誉にもならなかった…」と後年の彼が…当時の寒々しい叙勲事情を私に洩らしている。
 互いに…音信不通の約四十数年間があったが、二人の日本へ帰還した状況が全く異なるので連絡を取り合う術もなかったのである。私にしても荒廃した戦後の東京で「飢え死」寸前まで落ちぶれて各地を放浪するなど、意気地のない生活が多くて…二度と再びトセ部隊の戦友諸氏に巡り合うことはないだろうと思い、また…その余裕とてなかった。四十年後の私は茨城県水戸市で「清水建設株式会社」を三十年近く務め上げて円満退社したのだが、勤務上の不摂生と自堕落な性癖が災いして著しく健康を害なっていたが、約二年間も続けたリハビリテーシヨンの効果により…どうにか健康を回復したのである。
 昭和六十三年七月三日、千葉県船橋市で開催された「トセ二段会」に、私が初めて出席した際、荒張氏と京成上野駅で待ち合わせ、電車に乗り込んでから会場に到着するまで…我を忘れて…懐かしい昔話に浸ったのを昨日のように思い出す。それからは…年一回の「トセ連合会」で、お互いの顔を見るのを楽しみにするようになり…「今では…君と会えるのが生き甲斐みたいだょッ…」と、ことの他に機嫌がよかったのだが、平成三年九月の千葉県千倉の「総会」で再会した時は…足元が弱々しくなって、杖なしでは歩けないような状態の上、元気も薄れていたようだった。その後の、荒張氏の容体は益々衰えたらしいのだが…入院加療した効果もなく、遂に…翌年の六月二十七日に…この世を去ってしまった。 享年七十六歳である。
 平成元年四月に拙著「流浪奇談」の第一作を読んで頂いたのだが、とても喜んで下さり…「俺が覚えてない事が何箇所もあるけど、あんな事件が本当にあったけっかなぁッ…」と真剣な顔で質問するので、私が「まさかビデオ撮りした訳でもあるまいし、ちょっとした出来事を確実に表現しようとすれば、言葉とか風景を大袈裟に描写するので…そんなふうに感じるんですよッ、些細な事件でも…その背景の部隊事情や凄惨な戦況を物語るテクニックとして止むを得ないんです…」と言い訳すると「なんだいッ、それじやぁッ、作りごとなのかいッ…」と彼は気色ばんだ。「俺が…あの戦争の恐ろしさと、隠された日本軍将校の非道な行為を、この世の最後に書き残すから、楽しみに待っていなさいよッ…」と笑っていたが…一ヵ月もした頃、便箋三十枚ほどにびっしり書き綴って…私の許へ送ってきた時は…彼の熱意が尋常でなかったことを知った。ワープロのフロッピーを製作中でも、その内容は手に汗握る迫力だった。
「命 賜わりて」と表題を付けて製本し、送り返したのだが、その序盤に登場してくる彼と同年兵の「木村秋二郎」氏は「東京・北砂」に現在もお元気でいらっしゃるので、荒張氏の逝去を知った私が、直ぐに連絡電話を入れると木村氏は流石に割り切っており…危篤状態だった荒張氏の病床を見舞った仔細を淡々と教えて下さった…。『この秋のトセ連合会で…また会いましょうよッ…』歯切れのいい「氏」の東京弁は…情けないかすれ声を出している「私」に…気合いを入れているかのようであった…。現在の戦友会の方々は殆どが高齢で、中には八十才前後の人も数えられるようである。…疾病等で「出席」不能になっておられる方以外には…経済的理由とか、或いは感情的な誤解から元戦友諸氏と同室したくない精神的な軋轢に苦しんでいる人も居ると聞いた…。私なども外見は元気だが…重度の循環器系統の持病持ちだから、何がどうあろうとも…決して…「年寄の冷や水」呼ばわりされそうな活動は出来ない境遇である。
 一歳年長の元戦友…久保田朝久氏が残念にも…同じ六月の半ば「肺癌」で亡くなられたのだが、私は…その数日前に病床の彼をお見舞いすることが出来て、十分ほど取り留めのない会話を交わせたのが、今生の別れとなってしまった哀切の思い出は未だ新しい…。片意地を張って強がりを言った処で…遅かれ早かれ…流星のように宇宙の彼方に消えて無くなる運命は避けられないことなのだと、常々覚悟はしているものの…凡夫ゆえに無常感が逼迫してくるのは年相応の現象であろうと…自らを納得させている。
…戦後の東京で…アル中同然の私を励ましてくれた久保田氏や…競争社会に必要な外交術を教育してくれた「鳥居政夫」氏と、あの戦場で「荒張班長」にサバイバル戦術を授けられたのが、現在に繋がっているのを懐うと唯…感謝の感情では済まされないものがある。
 「護国の英霊」と「戦後復興の功労者」の「霊」安らかなるを此処に祈念する…。
                                 平成四年八月十五日

コメントは受け付けていません。