銀八びらき(歌詞)

14.銀八びらき(歌詞)

                森川幸三 作詞  昭和三十七年十一月吉日

     辰巳育ちの           気っぷの良さに

     堅気稼業は          すってんころり

     落ちた浮世に         隅田川

     どっこいおいらぁ~           江戸っこでぇ~

     住めば都さ          多摩川べりに

     一丁出直し          ふんどししめて

      おでん焼き鳥         屋台店

     世辞はいわねぇ~            江戸っこでぇ~

     あげたのれんは        八幡鳥居

     くぐる信者の          御ひいきさんに

     受けた御恩も         三年越し

     口にゃ出さねぇ~            江戸っこでぇ~

     屋台あがりさ         老舗じゃないが

     江戸の名残りと       銘打つからにゃ

     味の銀八           見ておくれ

     びくびくするねぇ~           江戸っこでぇ~

コメントは受け付けていません。